森をつくろう

REPORTサマ村、森林プロジェクト、ご報告

2022年10月24日

サマ村にて実施している「ヒマラヤに森をつくろうプロジェクト」は、2016 年に私たちピーク・エイドとネパール山岳救助訓練財団 (MRTFN)、サマ村を拠点とする NGO マナスル教育環境開発財団(MEED)との共同で行っています。MEEDは、サマ村の村人たちで運営され、森林プロジェクト、学校運営など、サマ村の保護、発展などを行っています。

プロジェクトを始めた当初は、「森づくり」の必要性も意味もあまり理解していなかった村人たち。エベレスト街道の村で長年植林活動を行ってきたアン・タルケ・シェルパを現地マネージャーとしてサマ村に迎え、サマ村での森林活動の基礎を整えてもらいました。プロジェクトを本格的に開始する前に、何度も村人たちに植林活動の必要性を説明し、理解を求めました。2015年にはネパール大地震が起き、各地で土砂崩れがあり、更に森林の持つ重要性が見直されました。アン・タルケ・シェルパは、サマ村に派遣されていた6年間で、村人に植林活動の技術やノウハウを伝授しました。今では、村人が中心に植林活動を運営し、植栽の時期などは、村人たちが総出で活動が行われます。

2016年に苗センターの建設から始まった森林プロジェクト。2016年から5年間で、マツ、モミ、カラマツなど51,000本の苗を苗木センターで育成しました。すべて、この地に生息している木々で、種を収集し苗を育成します。2年かけて苗木センタ―で育成した苗をサマ村内の植林地へ植栽していきます。2018年から2022年までに、45,000苗を植栽しました。放牧されている家畜のヤクから苗木を守るため、植林地にはフェンスの設置も行いました。

現在、苗木は活着率は全体としては、約85%。これは、山岳地域での植林活動としてはかなり良い結果です。特にカラマツは成長も早く、90%以上の活着率となっています。モミやカイヅカイブキは、成長はゆっくりですが、高い活着率で成長しています。

DJI_0066-1.jpg

苗センターでの苗の育成数と植林数
20221024184925.jpg
20221024185003.jpg

TAU地区
TAU.jpg
20221024185127.jpg
20221024185310.jpgマツ TAU地区
20221024185349.jpgモミ TAU地区
20221024185424.jpgカラマツ TAU地区

PEGHYAP地区
PEGHYAP.jpg
20221024185612.jpg
20221024185804.jpgマツ
20221024185839.jpgモミ
20221024185914.jpgカラマツ
20221024190033.jpg
20221024190104.jpgカイズカイブキ

GOMPA地区
GOMPA.jpg
20221024190247.jpg
20221024190322.jpgマツ
20221024190346.jpgマツ
20221024190419.jpgモミ
20221024190455.jpgモミ
20221024190528.jpgカラマツ
20221024190551.jpgカラマツ
20221024190621.jpg

Facebookでシェアする

ツイートする

LINEで送る

森をつくろう関連記事

2022年10月24日
サマ村、森林プロジェクト、ご報告
森をつくろう

サマ村、森林プロジェクト、ご報告

サマ村にて実施している「ヒマラヤに森をつくろうプロジェクト」...

2022年8月20日
エベレスト街道で、ピーク・エイド初の植林を行いました
森をつくろう

エベレスト街道で、ピーク・エイド初の植林を行いました

ネパールで10万本の植林を目指すピーク・エイドは今年から、エ...

2022年8月19日
サマ村 15,000本の苗を植樹しました
森をつくろう

サマ村 15,000本の苗を植樹しました

6月28日、サマ村にて植樹を行われました。 今年植えたのは、...

SUPPORT寄付・入会

PEAK+AIDは、皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。寄付・入会

あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

寄付・入会