森をつくろう

REPORTサマ村 15,000本の苗を植樹しました

2022年8月19日

6月28日、サマ村にて植樹を行われました。
今年植えたのは、2020年に苗センターで育成されたカラマツ15,000本です。
カトマンズ在住のスタッフのパサン・ダワ・シェルパが現地に行き、現地の視察とともに、植樹に参加しました。 サマ村で大きなプジャ(チベット仏教の祭典)があり、多くのラマ(僧侶)たちが集まっていました。 そのため、ラマたちは植樹活動の安全祈願のプジャも行うとともに、植樹活動にも参加してくれました。
プジャでは、ラマが村人に、植樹活動の必要性、歴史などを改めて説明し、 新しい苗を植えることは新しい命を与えるとても尊い活動だと話してくれました。
信仰深いこの地域の人たちにとって、チベット仏教のラマは、とても尊敬されている存在です。ラマによる植林活動の話は、改めて植樹活動の必要性を伝えるとても意味深いものとなりました。

植樹には、村人、ラマたち、167人が参加し、一人100苗くらいを担当して植えていきました。
植樹も5年目ということもあり、村人たちは慣れた手つきで植樹を行いました。

また、すでに植樹をしているTAU、Peghyap、Gompa地区の視察も行いました。 活着率は80%ほどで、おおむね順調に育っています。

私たちは、ネパールにて、10万本の植樹を目標としています。サマ村では、2016年から活動を始め、これまでに45,000本を植樹する事ができました。また、今年からエベレスト街道での植林活動も行います。今年は、クンテ村に2000本を植えます。
10万本を目指して、活動を続けていきます。


2022.06.27sama1.jpg

苗センター
2022.06.271-1sama.jpg苗センターのスタッフとパサン・ダワ・シェルパ

2022.06.27sama3-1.jpg2022.06.27sama3.jpg2022.06.27sama2.jpg苗センターでの作業の様子
2022.06.27sama6.jpg2022.06.27sama4-1.jpg2022.06.27sama4.jpgプジャの様子
291817471_1102821580644408_8189365923624943121_n.jpg
2022.06.27sama12-1.jpg2022.06.27sama11-1.jpg2022.06.27sama12.jpg2022.06.27sama8-1.jpg2022.06.27sama10-1.jpg2022.06.27sama7.jpg2022.06.27sama9-1.jpg2022.06.27sama9.jpg2022.06.27sama6-1.jpgラマ(僧侶)達も含めて、総勢167名にて植樹を行いました。
2022.06.27sama15jpg.jpg2022.06.27sama15-1jpg.jpg2022.06.27sama14-1jpg.jpg植林地の視察。順調に育っています。

DJI_0066-1.jpgDJI_0058-1.jpgDJI_0087-1.jpgDJI_00311-1.jpg

DJI_0041.jpg

サマ村の様子

Facebookでシェアする

ツイートする

LINEで送る

森をつくろう関連記事

2022年10月24日
サマ村、森林プロジェクト、ご報告
森をつくろう

サマ村、森林プロジェクト、ご報告

サマ村にて実施している「ヒマラヤに森をつくろうプロジェクト」...

2022年8月20日
エベレスト街道で、ピーク・エイド初の植林を行いました
森をつくろう

エベレスト街道で、ピーク・エイド初の植林を行いました

ネパールで10万本の植林を目指すピーク・エイドは今年から、エ...

2022年8月19日
サマ村 15,000本の苗を植樹しました
森をつくろう

サマ村 15,000本の苗を植樹しました

6月28日、サマ村にて植樹を行われました。 今年植えたのは、...

SUPPORT寄付・入会

PEAK+AIDは、皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。寄付・入会

あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

寄付・入会