森をつくろう

REPORTサマ村植林プロジェクト、苗は順調に育っています

2022年6月22日

2016年から開始したサマ村の森林再生プロジェクト。
すでにサマ村に3万本を植林しましたが、2027年までにサマ村8万本、エベレスト街道2万本、トータル10万本を目標に植林を行っています。

苗センターでは2020年、2021年に20,000個の苗を育成し育てています。
2020年から育てている苗は、約30センチほどに成長し、今月末に16,000苗を植林するために準備をしています。
通常は、スタッフ2名で苗の管理を行っていますが、この時期は、多くの人手を必要とするため、村人たちがサポートに入ります。

この地域は、標高1,500m付近から赤松の針葉樹林が始まり、標高が上がるにしたがい寒帯の針葉樹林に変わっていきます。
標高3,600mのサマガオン村にまで樹齢100年を超すような巨木の原生林が広がっていた時代がありました。
しかし、燃料や材木をチベットに輸出する等、森林は村の経済を支える重要な資源として使われてしまいました。
現在では、多くの原生林が姿を消し、村の中心部である僧院周辺にしか立木が残っていませんでした。
寒冷地帯の森林再生は、熱帯雨林と違い、格段に時間と労力が必要となるのです。

プロジェクトを始めた当初、村人たちは、「木を植える」ということを理解できませんでした。
何度もワークショップを行い、森林の必要性を訴えました。
村人の理解がなければ、このプロジェクトは決して進みませんでした。
村人と話し合いを行っていた2015年、ネパールで大地震があり、各地で土砂崩れによる被害がおきました。
改めて、森林の必要性が求められ、村人たちにも理解が広がりました。

今では、多くの村人がこのプロジェクトに関わり、誇りをもって森林を守ろうとしてくれています。

IMG_3481.JPG

多くの村人が手伝ってくれます。
IMG_3484.JPGIMG_3477.JPG植林地に植栽した木々

IMG_3491.JPG

カラマツ

IMG_3494.JPG

モミ

IMG_3492.JPG

モミ

IMG_3499.JPG

カラマツ

IMG_3501.JPG

マツ

IMG_3497.JPG

モミ

IMG_3505.JPGIMG_3504.JPG

Facebookでシェアする

ツイートする

LINEで送る

森をつくろう関連記事

2022年7月 5日
毎日新聞、掲載
森をつくろう

毎日新聞、掲載

先日行われた記者会見に関して、毎日新聞にて掲載されました。 ...

2022年6月22日
サマ村植林プロジェクト、苗は順調に育っています
森をつくろう

サマ村植林プロジェクト、苗は順調に育っています

2016年から開始したサマ村の森林再生プロジェクト。すでにサ...

2022年6月 2日
エベレスト・富士山森づくりプロジェクト
森をつくろう

エベレスト・富士山森づくりプロジェクト

認定NPO法人ピーク・エイドは、認定NPO法人富士山クラブと...

SUPPORT寄付・入会

PEAK+AIDは、皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。寄付・入会

あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

寄付・入会