森をつくろう

REPORTサマ村、苗センターの様子/2020年3月

2020年4月22日

2020年、【ヒマラヤに森を作ろうプロジェクト】では、15,000本の苗木を植林します。 それとともに、新たに15,968個の苗を苗センターの土地いっぱいに育てています。

2016年から植林活動を行った結果、サマ村の土地には、チシングが一番丈夫に育つという結果になっています。 そのため、今年の新たな苗はチシングを中心に育てています。

今年の冬は、サマ村はあまり天候が良くなく、ほぼ毎日雪が降っていました。 2020年3月より、ネパールでは、ロックダウンが行われており、サマ村にも登山隊やトレッキング客はほとんど入ってきません。
しかし村人は、普段通りに生活をしています。

ただ、ロックダウンにより運送会社などが止まってしまったために、 植林した苗木をヤクなどの食害から守るためのフェンス設置の資材が、マチャホラで止まってしまい、サマ村の届いていません。 資材が届き次第、フェンス工事をおこない、植林をする予定です。


Taking Care of New seedlings 2020.jpg

Sama Nursery.jpg

Mess Wire Ready for transport.jpg

Fencing Material Transporting from Factory.jpg

Facebookでシェアする

ツイートする

LINEで送る

森をつくろう関連記事

2022年8月20日
エベレスト街道で、ピーク・エイド初の植林を行いました
森をつくろう

エベレスト街道で、ピーク・エイド初の植林を行いました

ネパールで10万本の植林を目指すピーク・エイドは今年から、エ...

2022年8月19日
サマ村 15,000本の苗を植樹しました
森をつくろう

サマ村 15,000本の苗を植樹しました

6月28日、サマ村にて植樹を行われました。 今年植えたのは、...

2022年7月 5日
毎日新聞、掲載
森をつくろう

毎日新聞、掲載

先日行われた記者会見に関して、毎日新聞にて掲載されました。 ...

SUPPORT寄付・入会

PEAK+AIDは、皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。寄付・入会

あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

寄付・入会