学校をつくろう

REPORT2009年4月マナスル基金 現地レポート

2009年4月15日

3月中にプラスチックシートや工具類など現地調達できないものをカトマンズよりサマガオンに運ぶ。現地では、土台作り、壁材となる石の調達、加工を行う。建物の壁は基本的に石造りとなるため、石の調達、形成作りが重要となる。現地の教育委員会が確保していた石を借り受け、約3日かけて村に運ぶ。それを石熟練工により、手作業で形成される。また、木材に関しては、サマガオンには使用できる木材がほとんどないため、他の地域より、伐採し、運んでこなければならない。

 

石の形成を行う石熟練工たち

 

 

 

木材を伐採する

 

 

他の地域より、木材を運ぶポーターたち

 

 

途中の川で木材が流されるハプニングもあった

 

Facebookでシェアする

ツイートする

LINEで送る

学校をつくろう関連記事

2019年9月17日
サマ村の学校、キッチンの新しいホールが完成しました。
学校をつくろう

サマ村の学校、キッチンの新しいホールが完成しました。

サマ村の学校を建てて約10年間。教室や寮を少しずつ増やし、最...

2019年9月17日
サマ村にて野菜作り
森をつくろう

サマ村にて野菜作り

森林再生プロジェクトの現場リーダーのアンタルケさん。彼はエベ...

2019年9月15日
サマ村、清掃活動
マナスル基金

サマ村、清掃活動

野口理事長が、ネパール・サマ村を訪れています。 9月15日に...

2021年5月17日
ポカラ小学校 図書館完成
学校をつくろう

ポカラ小学校 図書館完成

ポカラの小学校、完成が見えてきました。レンガの図書館が遂に完...

2021年4月21日
ポカラ小学校 グランドに人工芝を敷きました
学校をつくろう

ポカラ小学校 グランドに人工芝を敷きました

ネパールで建設中の学校のグラウンドにやっと人工芝が届きました...

2021年4月14日
ポカラ小学校 図書館の内装を行っています
学校をつくろう

ポカラ小学校 図書館の内装を行っています

ネパール(ポカラ)で建設中の学校の図書館。建物は既に完成して...

SUPPORT寄付・入会

PEAK+AIDは、皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。寄付・入会

あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

寄付・入会