ヒマラヤ大震災基金

REPORT建築家 坂茂先生とネパール復興に関してお話ししました。

2015年10月18日

先日、国際的にご活躍されている建築家の坂茂先生とお会いしました。 坂先生は世界中の被災地でボール紙を紙管にした仮設住宅や様々な施設を建てきました。

「野口健ヒマラヤ大震災基金」ではこれからヒマラヤ山間部の集落で倒壊した学校やお寺、または公民館を建て替える計画があります。 坂先生のボール紙を支柱にした建物は日本の耐震基準をクリアされているとのこと。そして20年以上は使用できるとのこと。そしてネパールで手に入る材料で建てる事ができること。また紙が支柱になるので木材が手に入りにくいヒマラヤ山間部でもとても魅力的です。そして何よりも美しい。 坂先生のご説明を頂きながら、ヒマラヤに建っている姿を想像しただけでワクワクしていました。そして希望を感じていました。なんとか実現させたい。 12074980_747025008742473_340891046993135530_n

Facebookでシェアする

ツイートする

LINEで送る

ヒマラヤ大震災基金関連記事

2017年10月21日
サマ村での植林再生&学校寮の建設について
学校をつくろう

サマ村での植林再生&学校寮の建設について

サマ村からのぞむ世界第8位のマナスル峰。朝日に輝く。 サ...

2017年5月12日
サマ村プロジェクトの進捗状況
ヒマラヤ大震災基金

サマ村プロジェクトの進捗状況

サマ村の森林再生プロジェクトは、4月の大雪の影響により、ア...

2017年5月10日
お寺再建場所の整地作業終了
ヒマラヤ大震災基金

お寺再建場所の整地作業終了

作業に取り組む村人 ネパールのシミ村で再建中のゴンパ(お寺...

SUPPORT寄付・入会

PEAK+AIDは、皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。寄付・入会

あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

寄付・入会