その他

REPORT北海道地震支援 支援物資を送りました

2018年9月18日

3CB95284-C64B-4067-B53E-2971DB4EB15D.jpeg

苫小牧市に救援物資を下ろしました。苫小牧市をベースキャンプにし、これから、むかわ町、厚真町、安平町の避難所にニーズに合わせた物資を届けます。

避難所によって必要な物は違ったりします。偏った品物ばかりが集まれば受け入れる側にも迷惑がかかります。救援物資を受け入れ管理するのも重労働であり、職員の皆さんも実に様々な対応に追われ不眠不休で頑張っています。なので、避難物資の届け方も各自治体や避難所によって様々です。この辺りはとても難しく、細かな事情を把握されている苫小牧市さんとの連携プレーあってこその活動です。

震災直後に真っ先に僕らを受け入れて下さった、岩倉市長、佐藤副市長には心から感謝しています。

サポートに入ったはずの僕らが逆に負担になるようでは本末転倒。「届けたい」という気持ちばかりが先行してしまっては自己満足になってしまう。

むかわ町、厚真町、安平街に救援物資の一部をお届けました。ソーラーパフ(ソーラーランタン)の使用方法などお話しさせて頂きました。「こういうランタンは見たことないです。
初めてです。これはいいですね。さっそく、避難所で使わせて頂きます」と。

安平町の及川町長にもお会いしましたが、登山好きの及川町長とすぐに意気投合。意見交換させて頂きました。及川町長は町長室にマットを敷いて寝袋生活。なかなか帰宅できない中にありながらも、気持ちが前向きでまた揺るぎないオーラに
逆に僕が元気をもらいました。

細かな報告はピークエイドのホームページにてお知らせ致しますが、北海道で多くの方々とお話ししていますと、被災した被害も深刻だが、それに追い討ちをかけるのが観光客の相次ぐキャンセル

僕の友人が震災後に北海道を旅したら彼のブログが炎上!「こんな時に旅行するとは不謹慎だ!」みたいな。しかし全くもって現地の状況を理解していない意見。観光のキャンセルがどれだけ北海道を苦しめているのか。僕も時間を作り北海道を旅します!

ニーズはどこにあり、そして僕たちにできる事は何か、現場の皆さんと連絡を取り合いながら、次の支援活動に繋げていきたいと思います。

救援物資や基金にご寄付して下さったみなさん、仕分けを手伝って下さったみなさん、トラックを出してくださったナベカヰさん、我々を受け入れて下さった被災自治体のみなさん、本当にありがとうございました。

9B95FF9C-2075-48AD-B6AB-65123B828D4F.jpeg

1AC771FC-B747-4B9F-AC32-2F0D9867F290.jpeg

D4E17BF3-7345-4468-9D8A-3EA18100865E.jpeg

7355A6F4-A679-4D80-A4B4-2A486A4DD37F.jpeg

03B0FED6-343C-4E9A-AE9B-3C484359C575.jpeg E70692B7-72B4-4A30-AE5C-084DFB3EA4D0.jpeg

2A059587-3FCC-4F6D-9418-76ECDAFE4C3C.jpeg

7B0B30B2-F2CD-462E-B090-394177723D9E.jpeg 4657ED25-DAB4-4C99-80CF-2DAE2D70BAB6.jpeg FF78E08C-A7A1-4A66-8332-0B4E02D96941.jpeg

E460D262-8300-4891-A0DE-A2EC4D020D41.jpeg

Facebookでシェアする

ツイートする

LINEで送る

その他関連記事

2018年11月27日
【レポート】総社市支援チャリティーコンサート
その他

【レポート】総社市支援チャリティーコンサート

岡山県総社市で西日本豪雨災害からの復興にむけて「総社市支援チャリティーコンサート」を実施しました!

2018年11月27日
無事終了!総社市支援コンサート
その他

無事終了!総社市支援コンサート

11月25日、岡山県総社市で「総社市支援チャリティーコンサート」を開催しました!

2018年11月26日
朝日新聞「総社市支援コンサート」
その他

朝日新聞「総社市支援コンサート」

朝日新聞岡山県版に総社市支援コンサートのイベント記事が掲載

SUPPORT寄付・入会

PEAK+AIDは、皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。寄付・入会

あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

寄付・入会