マナスル基金

REPORTマナスルベースキャンプ入り

2006年4月22日

朝から晴天。いよいよベースキャンプを目指す。昨夜はサマ村のポーターが雪崩が起きるから行きたくないと拒否されたが、シェルパとも相談し完璧ではないものの必ずしも登れない状況ではないと判断し午前8時30分サマ村を65人のポーターと共に出発。今朝はマナ村に入ってから一番の晴天。マナスルもその雄姿を見事に現した。途中からガスが湧き視界がなくなり、風が吹きぐっと寒くなったが、4600mを超えた辺りで雲を突き抜け、突然目の前にマナスルが現れた時は驚いた。15時半ベースキャンプ(4750m)着。ドイツ隊、ロシア隊、日本隊2隊(野口隊・田部井隊)の計4隊

ベースキャンプから上部を双眼鏡で見渡した小西さんは「雪のつき方がよくないよ。べったり雪がついている。雪崩、要注意だ。」と言っていた。ベースキャンプからが遠征。いよいよマナスル遠征が始まった

 

Facebookでシェアする

ツイートする

LINEで送る

マナスル基金関連記事

2018年12月31日
ネパール出張レポートVol.3 森づくり
マナスル基金

ネパール出張レポートVol.3 森づくり

森づくりプロジェクトの最新情報をアップしました。

2018年12月27日
クムジュン村の学校にランドセルを届けました
マナスル基金

クムジュン村の学校にランドセルを届けました

クムジョン村の学校で幼稚園から小学生までのトータル217人...

2018年12月26日
サマ村で火災発生
マナスル基金

サマ村で火災発生

サマ村で森林火災が発生してしました。

SUPPORT寄付・入会

PEAK+AIDは、皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。寄付・入会

あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

寄付・入会