ヒマラヤ大震災基金

REPORTゴーキョ方面の村々の状況

2015年5月11日

エベレストBC手前のゴラクシップはほぼほぼ無傷。ペリチェは建設中のロッジが半壊。それ以外のロッジもそれぞれ被害を受けていますが、営業中のロッジで全壊はなかった。エベレスト街道の「カラパタール方面」よりも

「ゴーキョピーク方面」の方が被害が大きい。

エベレストBCから登山隊の荷物を下ろすヤクと馬。撮影はゴラクシップにて エベレストBCから登山隊の荷物を下ろすヤクと馬。撮影はゴラクシップにて
ゴラクシップでAG隊の荷揚げ隊と遭遇。 ゴラクシップでAG隊の荷揚げ隊と遭遇。

1546070_681510741960567_4632082636086881052_n 10389298_681510798627228_64764894344779153_n

ペリチェ村の様子です。 ペリチェ村の様子です。
ペリチェ村にて建設中のロッジが半壊。 ペリチェ村にて建設中のロッジが半壊。

17913_681510991960542_192186547511210333_n「カラパタール方面」から「ゴーキョ方面」と移動しましたが、ドーレ村、ルーザ村、マッチャルモ村、パンガ村の被害が極めて深刻。 ドーレ村には9件のロッジがあり6件に大きな被害あり。ルーザ村は二軒のロッジのうち一軒が半壊。マッチャルモ村は9件のロッジのうち8軒に大きな被害。パンガは二軒のロッジとも半壊または全壊。 震災直前にこの村々を訪ね宿泊し、知人のシェルパ達と再会し一緒にチャンを飲みながらエベレスト清掃の時の思い出話など盛り上がっていたばかりなのに・・・。僕が今回お世話になった全てのロッジが壊滅的なダメージ。また一昨年、藤巻亮太さんと泊まったマッチャルモのロッジは原型を留めていないほどに。 このあたりの村々のロッジの大半がクムジュン村とクンデ村のシェルパ達によって経営されています。つまり自宅(クムジュン・クンデ)と収入源であるロッジの両方を失ったシェルパ達が多いということ。住む場所と仕事が何よりも大切です。春のシーズンは事実上終わり、次は秋ですが、秋の観光シーズまでにどれだけ修復できるのかが「ヒマラヤ大震災基金」の最大のテーマです。 明日はレンジョ峠を越えターメ村方面へ。シェルパたちからの情報によればターメ村はエベレスト街道の中で最も酷い状況とのことです。覚悟して向かいます。 「カラパタール方面」から「ゴーキョ方面」と移動しましたが、ドーレ村、ルーザ村、マッチャルモ村、パンガ村の被害が極めて深刻。 ドーレ村には9件のロッジがあり6件に大きな被害あり。ルーザ村は二軒のロッジのうち一軒が半壊。マッチャルモ村は9件のロッジのうち8軒に大きな被害。パンガは二軒のロッジとも半壊または全壊。 震災直前にこの村々を訪ね宿泊し、知人のシェルパ達と再会し一緒にチャンを飲みながらエベレスト清掃の時の思い出話など盛り上がっていたばかりなのに・・・。僕が今回お世話になった全てのロッジが壊滅的なダメージ。また一昨年、藤巻亮太さんと泊まったマッチャルモのロッジは原型を留めていないほどに。 このあたりの村々のロッジの大半がクムジュン村とクンデ村のシェルパ達によって経営されています。つまり自宅(クムジュン・クンデ)と収入源であるロッジの両方を失ったシェルパ達が多いということ。住む場所と仕事が何よりも大切です。春のシーズンは事実上終わり、次は秋ですが、秋の観光シーズまでにどれだけ修復できるのかが「ヒマラヤ大震災基金」の最大のテーマです。 明日はレンジョ峠を越えターメ村方面へ。シェルパたちからの情報によればターメ村はエベレスト街道の中で最も酷い状況とのことです。覚悟して向かいます。

ドーレ村 ドーレ村

11150504_681518791959762_6685437553275077853_n

ロッジの中にも崩れた壁が押し寄せていた ロッジの中にも崩れた壁が押し寄せていた

11205500_681518911959750_2454130207178384619_n

寝室ベッドの上には無数の石が・・・。仮に夜中の震災ならば多数の犠牲者がでただろう 寝室ベッドの上には無数の石が・・・。仮に夜中の震災ならば多数の犠牲者がでただろう

11206111_681520351959606_4124402716500758224_n 11049654_681519918626316_6496369049001238119_n

ドーレ村の様子ですが、のどかで美しい村なのですが・・・ ドーレ村の様子ですが、のどかで美しい村なのですが・・・
ルーザ村です。右奥のロッジに大きなダメージ ルーザ村です。右奥のロッジに大きなダメージ
ルーザ村のロッジですが、ここの主はエベレスト清掃隊のシェルパでした。 ルーザ村のロッジですが、ここの主はエベレスト清掃隊のシェルパでした。
マッチャルモ村の入口付近です。 マッチャルモ村の入口付近です。

11150699_681520505292924_7076941807296722588_n 11200629_681520481959593_224504054931908791_n 11209753_681520428626265_495085017266054518_n 11134035_681520335292941_3854750083394708275_o

藤巻亮太さんと泊まったマッチャルモのロッジ。 藤巻亮太さんと泊まったマッチャルモのロッジ。

野口健ヒマラヤ大震災基金のお願い http://www.peak-aid.or.jp/fund-himalaya-earthquake/371/

Facebookでシェアする

ツイートする

LINEで送る

ヒマラヤ大震災基金関連記事

2017年5月12日
サマ村プロジェクトの進捗状況
ヒマラヤ大震災基金

サマ村プロジェクトの進捗状況

サマ村の森林再生プロジェクトは、4月の大雪の影響により、ア...

2017年5月10日
お寺再建場所の整地作業終了
ヒマラヤ大震災基金

お寺再建場所の整地作業終了

作業に取り組む村人 ネパールのシミ村で再建中のゴンパ(お寺...

2017年3月31日
進捗状況:シミガオンのお寺再建プロジェクト
ヒマラヤ大震災基金

進捗状況:シミガオンのお寺再建プロジェクト

ヒマラヤ大震災基金で再建を目指しているネパール、シミガオン...

SUPPORT寄付・入会

PEAK+AIDは、皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。寄付・入会

あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

寄付・入会