ヒマラヤ大震災基金

REPORTエベレストベースキャンプを目にし、言葉が出なかった。

2015年5月10日

18人が犠牲となったエベレストのベースキャンプの状況です。この光景にしばし声もでなかった。辺り一面に散乱したテントや食料。表現が適切であるか分かりませんが、

まるで飛行機の墜落現場のような破壊力。デブリの後が全くありませんで、雪崩による被害ではなく、氷河の崩壊による爆風によるものだと推測されます。ベースキャンプにいたシェルパたちとその時の状況について色々とお話を聞きましたが、あの頑丈な発電機でさえ石ころのように木端微塵となっていたそうな。 テントの中で休んでいたシェルパたちは寝袋から出る間もなくテントごと吹っ飛ばされ死亡。また、テントから逃れ外に出たものの爆風によりもがき苦しみながら窒息死していった人々。果たしてどっちがよかったのだろうかと。その場に居合わしたシェルパからそう尋ねられましたが答えようもなく。 昨年の大量遭難に続き、悲運の地となったエベレスト。何人ものシェルパ達の「これは神の暗示だ。もうしばらくエベレストに登ってはいけない。来年、私たちはエベレストにはいかない」との声を聞いた。 ベースキャンプの世界を眺めながら漠然的ではあるが、しかし、確かに何かが起きているのだと感じとっていた。 11206075_681479865296988_2326296294734331202_n 11230116_681479445297030_2719092563836388426_n 11209711_681479905296984_3824547253219342532_n 11214260_681480021963639_9085319787457450983_n 11096693_681482878630020_954063532078529901_n 11204998_681482901963351_2133228084524042899_n 11011716_681482928630015_249041339156434772_n 1534808_681482978630010_7255859285861585821_o 11201154_681483021963339_3857958923447586621_o 野口健ヒマラヤ大震災基金のお願い http://www.peak-aid.or.jp/fund-himalaya-earthquake/371/

Facebookでシェアする

ツイートする

LINEで送る

ヒマラヤ大震災基金関連記事

2018年7月24日
テント村の方々と共に総社市でボランティア
ヒマラヤ大震災基金

テント村の方々と共に総社市でボランティア

岡山県総社市で実施したボランティア活動について報告します

2017年10月21日
サマ村での植林再生&学校寮の建設について
学校をつくろう

サマ村での植林再生&学校寮の建設について

サマ村からのぞむ世界第8位のマナスル峰。朝日に輝く。 サマ...

2017年5月12日
サマ村プロジェクトの進捗状況
ヒマラヤ大震災基金

サマ村プロジェクトの進捗状況

サマ村の森林再生プロジェクトは、4月の大雪の影響により、ア...

SUPPORT寄付・入会

PEAK+AIDは、皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。寄付・入会

あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

寄付・入会