シェルパ基金

REPORTMount Kailash Boarding Schoolの校長先生からの手紙

2003年8月29日

Mount Kailash Boarding School Jhama Wangdu Lama 
校長先生からの手紙(抜粋)

マウント・カイラシュ校は男女共学の学校で、幼稚園から10年次(学校終了証明書)までの学年を含んでいます。
現在、当校では国籍も家族的背景も異なる225人の生徒の教育をしています。彼らの幾人かは自由な教育と生活を求めてチベットから逃れてきました。大多数の生徒は、教育施設が皆無か、極めて限られているネパールの僻地からきています。当校は、全ての人種、肌の色、信条、国籍、民族的背景の生徒の入学を認めております。目的は、最善の道徳的、知的、文化的、体育活動を与える事と、全ての生徒が学校のモットーである「真実が最終的に勝利する」を体現することにあります。
教育は英語で行われます。また、伝統、音楽、ダンス、劇、絵画及び討論、朗読、庭仕事、編み物、切手収集などの活動を教えています。彼らは動物園クラブやECOクラブの会員です。これら二つのクラブはマヘンドラ国王自然保護基金及び自然生物基金と関係しています。また、マウント・カイラシュ・レオ・クラブも始めました。生徒達は国内、国際的競争に参加して良い成績を収めています。
私および教職員を代表して、あなたの組織に対して、ネパール山岳救助訓練基金(MRTF )と協力して多くのシェルパの子供達を助け、基礎的教育を受けるための資金援助をされていることに感謝の意を表します。
生徒達は行儀も良く、協力的で良く勉強します。これらの生徒達を教育しその世話をするのは楽しいことです。

学校の創設者であり、校長であるジャマ・ワングヅ・ラマより

Mount kailash School

G.P.O.Box:4435,Kopan,Kathmandu.Nepal
Tel:471243

Facebookでシェアする

ツイートする

LINEで送る

シェルパ基金関連記事

2018年5月24日
野口健twitter:「シェルパ基金」の子供たちとの再会。
シェルパ基金

野口健twitter:「シェルパ基金」の子供たちとの再会。

この活動は僕にとってネパールで一番長く続けている活動。

2018年5月17日
子供たちとの再会
シェルパ基金

子供たちとの再会

ネパール滞在中の野口は、シェルパ基金で支援している子供たちと再会を果たしました。

2018年4月 8日
Tポイントを使ってご寄付可能です!
シェルパ基金

Tポイントを使ってご寄付可能です!

通常のクレジットカード払いや銀行振込のほかに、Tポイントを使って1ポイント=1円のご寄付をご用意しています

SUPPORT寄付・入会

PEAK+AIDは、皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。寄付・入会

あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

寄付・入会