森をつくろう

ACTIONヒマラヤに森をつくろうプロジェクトについて

ヒマラヤに森をつくろうプロジェクトとは、ヒマラヤの奥地サマ村の森林再生を目的とした活動です。

野口は仕事柄、様々な国を訪れますが「木を切る文化はあっても、植える文化を持つ国は少ない」と言います。森林伐採の結果、土砂崩れがおき、人が亡くなることも。これは当団体が学校建設等を行っているヒマラヤのサマ村でも同じです。村人が生活のために木を切り、森林が破壊された状態にあります。

野口はそれを見て「明治神宮の森」に思いを馳せます。明治神宮の森は50年後、100年後を想定し緻密な計画のもとにつくられた人工林です。人は自然を破壊する事も出来るが自然をつくることも出来ることを実証しているのです。まずは3万本分の植樹を目指します。

森をつくろう関連記事

ヒマラヤに森をつくろうプロジェクトについての関連記事をピックアップ

2018年10月 9日
Tポイントでご支援いただけませんか?
森をつくろう

Tポイントでご支援いただけませんか?

ピークエイドの活動は、通常のクレジットカード払いや銀行振込のほかに、Tポイントを使って1ポイント=1円のご寄付をご用意しています。

2018年6月13日
メディア 産経新聞6月12日
森をつくろう

メディア 産経新聞6月12日

6月12日付の産経新聞にご紹介いただきました。

2018年6月 5日
メディア 毎日新聞
森をつくろう

メディア 毎日新聞

毎日新聞の本日6月5日の東京朝刊に、ネパールでの森づくりの活動が様子が取り上げられました。

2018年6月 4日
メディア J-WAVE LOHAS TALK
森をつくろう

メディア J-WAVE LOHAS TALK

代表理事の野口は‪6月4日(月)〜7日(木)に放送予定の‬‬‪J-WAVE 「LOHAS TALK」に出演

SUPPORT寄付・入会

PEAK+AIDは、皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。寄付・入会

あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

寄付・入会